投稿日:

今後の世の中で運送業の仕事に需要はある?

こんにちは!
愛知県北名古屋市を拠点に中型・大型トラックを使って運送業を手掛けている有限会社近松サービスです。
コロナ禍において自宅でインターネット通販を使ったサービスの利用が急増し、それに伴い配達を行う運送業も忙しさを増しています。
今回は、ドローンや自動運転トラックの導入も少しずつ始まる世の中で、今後の運送業の仕事に需要はあるのかについて紹介していきます。

ドライバーが慢性的に人手不足

荷台
大手コンサルティング会社の調査によると、物流の増加によって2027年までに96万人のドライバーが必要と発表されました。
しかし、今の社会の現状では72万人のドライバーを確保するのに留まり、24万人のドライバーが不足すると言われています。
また、ドライバーの平均年齢は、国土交通省の発表によると40~50代前半の中年層が全体の4割を占めています。
現在活躍するドライバーの年代から、10年後には定年退職で急速にドライバーの数が減ることも予想できるため、人手不足を補うためにも運送業の需要はますます増えるでしょう。

インターネット通販で更に配送量増加

インターネット通販の普及により、宅配便の配送量が大幅に増加しています。
国土交通省の発表によると、宅配便の取り扱い実績が2021年には49億5323万個と過去最大の数字です。
新型コロナ感染症の流行も大きな一因で、ITの発達によりさらにインターネット通販の勢いは加速していくと言われています。
その結果、宅配便の配送量はますます増えていくため、需要に応じてドライバーも必要となるのです。

AIを使った技術の普及には時間がかかる

慢性的なドライバー不足を解消するために、ドローンや自動運転トラックなどの科学技術を使って無人配送を行う動きが出ています。
しかし、無人輸送には課題も多くあります。
無人トラックは走れる区間に限界があり、荷物の積み降ろしは人の手で作業を行なわなければなりません。
そしてドローンは雨や雪などの天候に左右されたり、人の頭に落ちる可能性があったりするなど安全性に懸念が残るため、限られた区間でしか使われていないのが現状です。
またAIの技術導入には数十万円~数百万円の資金が必要になるため、コストがかかります。
安全性とコストの面から見て、AIを使った技術が世に浸透するのは時間を要するため、運送業の需要は未だ衰えることは無いと言われています。

【求人】トラックドライバーを募集中!

JOBSTART
弊社では事業拡大を見据えて新規のトラックドライバーを募集中です。
募集資格に準中型自動車の免許は必要になりますが、それ以外の仕事で必要になる資格取得は会社が積極的に支援を行います。
休日も原則カレンダー通りで、今後は特別休暇の準備も進めているため、趣味の時間も確保することが可能です。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました。






愛知県名古屋市などの運送は北名古屋市の有限会社近松サービス
現在、中型・大型トラックドライバーを求人中です!
〒481-0035 愛知県北名古屋市宇福寺中杁82
電話:0568-48-8688 FAX:0568-48-8707

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

有限会社近松サービスでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に荷主さまにご満足いただけ …

有限会社近松サービスは精密機械輸送・トラック板金塗装などを行う運送会社です!

有限会社近松サービスは精密機械輸送・トラ…

こんにちは!有限会社近松サービスです。 弊社は、愛知県北名古屋市に拠点を構え、名古屋市をはじめ日本全 …

車両サイズの大きなトラック運転時の注意点!内輪差とは

車両サイズの大きなトラック運転時の注意点…

こんにちは!有限会社近松サービスです。 弊社は愛知県北名古屋市と常滑市に拠点をもち、日本全国で活動し …

お問い合わせ 求人情報